www.betsiebay.pw

包茎の種類による治療について

包茎治療を行いたい時の方法として手術を思い浮かべる方は多いですが、他にも器具や自力で行う方法もあります。
どういった方法を選択するかは人によって違いますが、軽度の仮性包茎でも手術によって治したいという方もいます。

 

真性包茎のように剥けずに亀頭が露呈しないとか、カントン包茎のように剥くと元に戻らずに亀頭が締め付けられて危険な状態になるというのは手術を行うべきで、これらは健康保険適用されるので早急に手術を行いましょう。

 

仮性の場合は健康被害も無いですし性生活に影響もないタイプの包茎ですから、当然ながら保険が適用されません。
手術して治したいかどうかは本人次第で、包茎をコンプレックスに感じる場合はやっても良いでしょう。
包茎に関して困ったらここ→上野クリニックおすすめです。
昔はズル剥けのペニスが良いと言われた時代もありましたが、最近では性生活の時に軽度の仮性の方が満足度が強いという意見があったり、男性側も包茎状態でしか味わえない感覚があると言われ、仮性はマイナス面だけで捉えられなくなっています。

 

性生活と健康に支障が無いなら問題が無いものです。